Cotocoto Bookstore

ワーグナーと現代 001432

1,200円(税込)

購入数
ワーグナーと現代 1908-1951[第2版]

著者 トーマス・マン
訳者 小塚敏夫
発行 みすず書房

1971年9月25日 初版第一刷発行
1985年9月10日 第2版第1刷発行
269p 四六判変型


目次


演劇試論(抄) 1908年
リヒャルト・ワーグナーとの対決 1911年7月
非政治的人間の考察(抄) 1918年
あるオペラ劇場監督へ 1927年11月
イプセンとワーグナー 1928年3月
市立劇場の追憶(抄) 1930年
ワーグナーとわれわれの時代 1931年8月
リヒャルト・ワーグナーの苦悩と偉大さ 1933年4月
答弁 1933年4月
リヒャルト・ワーグナーと『ニーベルングの指輪』 1937年11月
『コモン・センス』の編集者へ 1940年1月
 付 ヒトラーとリヒャルト・ワーグナー 国民社会主義の起源について
 ピーター・ヴィーレッグ
エーミール・プレートリウスへ 1949年12月
リヒャルト・ワーグナーの書簡 1951年1月
バーゼル市立劇場総監督 フリードリヒ・シュラムへ 1951年8月

ほか

- - - - -
(店長のひとことメモ)
現在、みすず書房から新装版が出ています。表紙の写真が
違うようですね。
ワーグナーといえばタンホイザーやローエングリンの楽曲や
ルードヴィヒ2世のことをすぐに思い出しますが、トーマス・マンが
長い年月をかけてワーグナーについての執筆を続けていたことは
知りませんでした。巻頭の歌劇の舞台写真も素晴らしいです。

コンディション:D

おすすめ商品