Cotocoto Bookstore

建築を語る 001455

2,000円(税込)

購入数
建築を語る

著者 安藤忠雄
発行 財団法人 東京大学出版会
装幀 鈴木蕘+瀧上アサ子(タウハウス)

1999年6月3日 初版発行
1999年7月30日 第7刷発行

259p B5変型


目次

[序] 発想するちから
[第1講] インターナショナリズムとリージョナリズム
[第2講] 建築に夢をみた
[第3講] 抽象化と場所性のあいだで
[第4講] 命ある建築をめざして
[第5講] プロセスのなかで思考する
あとがき


- - - - -
(店長のひとことメモ)
高校生が読んでも分かりやすい文体で、建築の展開図や構想時のドローイングも
たくさん掲載されています。直島の美術館や光の協会など安藤建築として有名な
ものから六甲の集合住宅や個人邸宅まで、じっくりと堪能できます。
丹下健三、フランク・ロイド・ライト、コルビジェなどの建築についても
前半でおおく紹介されています。建築についてはじめて勉強をする方にも
おすすめの本です。

コンディション:C

この商品を買った人はこの商品も買っています

おすすめ商品