Cotocoto Bookstore

黄金詩篇 000005

3,000円(税込)

購入数
黄金詩篇

1970年6月1日 再版発行

著者 吉増剛造
装幀 赤瀬川原平
発行 株式会社思潮社


コンディション:D
裏見返しに値段ラベル剥がし跡、カバースレ、小口ヤケ
13.7cm×21.5cm
225p


【目次】
朝狂って
燃える
海の恒星
今朝も道玄坂をおりて
花・乱調子
落下体
波のり神統記
渋谷で夜明けまで
反乱
火がみえる
中心の歌
燃える麒麟を夜に放つ
高村光太郎によびかける詩
航海日誌
疾走詩篇
黄金のザイルは朝霧に......

燃えるモーツァルトの手を

変身
夏の一日、朝から書きはじめて


素顔
独立
死人
北海道
黄金詩篇
空を包装する


- - - - -
(店長のひとことメモ)
装幀、表紙のなどの挿画は赤瀬川原平。
吉増剛造の1966年から69年までの作品を収めた、高見順賞を受賞した詩集。

おすすめ商品