Cotocoto Bookstore

映像身体論 001207

2,000円(税込)

購入数
映像身体論

2008年3月19日 発行

著者 宇野邦一
表紙・扉・カバー 栗田印刷 
発行 株式会社みすず書房


19.5cm×13.5cm
290p
日本語
帯あり

コンディション:B

【目次】(目次表記なし)
序章 映像のほうへ
輝覗身体論
1映画と言いう哲学的対象について
 映画への抵抗/映画は思考されたか/映画の哲学/モンタージュと
 みえないもの/壷とは何か/非中枢性と中枢性
2フレームという恐ろしいもの
 「画面外」になにがあるのか/誤ったつなぎの創造性/マネとフー
 コー/「画面外」の身体/
3キアロスタミ讚
 大地からイメージを掘り出す/聞こえないもの、見えないもの/
 「交渉」の映画/ただ見開いた目/子供と「友」/視線の彼方、
 関係の関係/民衆ー<単なる生>の微粒子
4イメージのイメージ
 会話と視聴覚「インディア・ソング」/出来事と物語/イメージ
 の極限、極限」のイメージ
5サルトルからゴダールへ
 「イメージ」という語の多義性/イメージをめぐる闘い/連結す
 ること、切断すること/イメージなき宇宙へ
6映画における神聖な身体
 映画に固有の身体/「太陽」の身体/聖なる身体あるいは共同体
7ヒッチコックの場合
 間主観性と暗点/何が怖いのか/ヒッチコックあるいはオイディ
 プス/視線の非対称性
8知覚存在の政治学にむけて
 <未生>の知覚/世界を見分けがたくすること/ブラジル映画の
 言語行為/映像の奇妙な力
怯覗時間論
1<技術>と<群衆>
2エプスタン 物質の映画
3映画とアルトー
4新しい観客
5バザンの時間
6バザンの天使
7現実はどこに消えたか
8すばらしき無責任、あるいは
終章 身体のほうへ
1視覚と身体
2小津安二郎の時間
3映画でなければ
あとがき
文献一覧



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご注文、本の詳しいコンディションや内容など、トップページメニュー『お問い合わせ』から
お気軽にお問い合わせ下さい。
通信販売部からの購入以外に、お電話・メールでもご注文を受け付けております。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

おすすめ商品